適用分野

人類と動植物の福祉を増進させ、経済性を高める
親環境「BARU複合乳酸菌」の適用分野は多様にあります

Home Super Microorganism 適用分野

生命の水の浄化と安全で豊富な栄養供給で水産業のパラダイムを転換させます

特徴

生態系を考慮した親環境の養殖!

▪ 補助飼料の生産、無抗生剤の管理プログラムで養魚場の管理可能

▪ 有害物質を浄化させ、養殖水内のアンモニアと亜硝酸の低下

▪ 飼育魚の安定度増加

▪ 養殖水は循環されて使用可能なので、生態系の平衡を実現

効果

使用法

区分 適用方法 使用量
貝類 飼料用 飼料の1.5~2.5%(原液)
漁場(囲い網) 漁場面積の0.0025~0.0035%(原液)
魚類 飼料用 飼料の1.5~2.5%(原液)
漁場(水槽) 漁場面積の0.01~0.02%(原液)
甲殻類 飼料用 原液
漁場(囲い網) 漁場面積の0.0025~0.0035%(原液)

実際事例

ヒラメ養殖  済州

南元 飼料添加 洗浄 薬浴

  • 飼育魚の安定度増加(興奮した稚魚が安定的に変化)
  • 成長速度の増加で経済性増加
  • 斃死率の減少
  • 飼料投与量の減少及び効率性の増加

なめこ養殖 済州

ピョンデ 飼料添加 洗浄 | 養殖水

  • 排泄物が清潔で、最上の状態を維持
  • 生長速度の増加で、経済性の増加
  • 斃死率の減少
  • 早期出荷を通した生産性の向上